본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本外相、韓国の判決に「極めて遺憾…断じて受け入れられない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
日本の河野太郎外相は29日、韓国大法院(最高裁)が三菱重工業に対し日帝強占期に強制動員された韓国人に対する損害賠償責任を認めた判決を下したことについて「極めて遺憾だ。断じて受け入れることはできない」と明らかにした。

河野外相はこの日韓国大法院の判決後に談話を発表し、「今回の判決は日韓請求権協定に明確に反し、日本企業に対し一層不当な不利益を与えるもので、1965年の日韓国交正常化以来築いてきた日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆すもの」としてこのように主張した。

河野外相はまた「韓国に日本のこうした立場を再度伝え、韓国が直ちに国際法違反状態を是正するよう適切な措置を講じることを繰り返し強力に求める」と強調した。続けて「(韓国により)ただちに適切な措置が講じられない場合には、日本は日本企業の正当な経済活動保護の観点からも、引き続き国際裁判や対抗措置も含めあらゆる選択肢を視野に入れ、毅然とした対応を講ずる考えだ」と述べた。

この日大法院は95歳の男性ら強制徴用被害者5人が三菱重工業を相手取り起こした損害賠償請求訴訟上告審で原告勝訴を確定した。

この日日本メディアは韓国大法院の原告勝訴の判決に対し、「予想された結果」という反応を見せた。NHKはこの日午前「韓国大法院が『徴用』関連裁判で新日鉄住金に続き三菱重工業にも賠償を命じる判決を下した」として関連内容を速報した。続けて「日本政府が新日鉄住金に対する確定判決を『国際法違反』として韓国政府に是正を要求している中で再び同様の判決が出たことで、日韓関係への影響は避けられない見通し」と予想した。

極右性向の産経新聞もこうした日本政府の立場を改めて紹介し、「今回の判決が韓日関係にさらに悪影響を及ぼすことになった」という反応を見せた。産経は今回の判決のほかにも韓国で多数の徴用被害関連訴訟が進行中であることを挙げ、「今後も同様の判決が続く可能性が大きい」と予想したりもした。時事通信もまた「原告側が差し押さえや集団和解の働きかけに出る場合、韓国に進出している日本企業に不安感が広がるなどだろう」と予想した。

日本外務省はこの日李洙勲(イ・スフン)駐日韓国大使を呼び今回の判決に抗議する予定という。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기