본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国経済副首相「CPTPPなどで対外経済の新原動力を創出」

ⓒ 中央日報日本語版

金東ヨン経済副首相兼企画財政部長官

金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政部長官が保護貿易主義に対する代案としてCPTPPに言及した。

金副首相はこの日午前、政府ソウル庁舎で開かれた第201回対外経済長官会議に参加して「米国と中国間の通商対立の解決に長い時間がかかる可能性があるという見方が広がっている」として「主要20カ国(G20)首脳会議、太平洋同盟と本交渉、包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)などで対外経済の新原動力を創り出したい」と述べた。

また、出席した長官たちにこのように状況展開の不確実性が大きい中で対応するため、シナリオ別に対策を講じるよう呼びかけた。さらに、特定国に集中された経済協力や貿易、投資、人的交流を多角化することや財政当局の財政余力を含む政策的な先制対応も必要だと話した。

外国為替市場に関しては「中国が為替操作国と指定されてはいないが、米国が今後6カ月間、中国人民元の切り下げをモニタリングするという強い立場を見せており、いつでも対立が再浮上する可能性があるという不安定性が生じた」と指摘した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기