본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

在日米軍、韓国人の出入り統制を強化…同じ同盟国の日本と差別?

ⓒ 中央日報日本語版

韓国平沢にある在韓米軍基地キャンプ・ハンフリーズ内の様子。

在日米軍が最近、韓国人に対する在日米軍基地への出入り規制を強化したことが分かった。

米軍が発刊している「星条旗新聞(Stars and Stripes)」は15日、在日米軍が基地内に出入りするために追加的な検証手順を踏まなければならない国の国民リストに韓国人を新たに追加したと報じた。北朝鮮、中国、ロシア、フランス、イラン、アフガニスタンなど従来の「追加審査対象」約50カ国の国家群に韓国が含まれたのだ。

在日米軍報道官のジェニーブ・ホワイト空軍少佐は「当該国の国民は、関係機関の事前調整や部隊指揮官の承認なしに在日米軍基地へ入ることはできない」と明らかにした。事前承認の要請は「ケースバイケース」で処理され、承認対象者についての詳しい書面情報があらかじめ求められる。在日米軍は韓国人を厳格な検証対象に追加した理由を別途説明することはなかった。

今回の措置により、同じ同盟国である韓国と日本が差別的な待遇を受けることになり議論になる展望だ。これまで韓国パスポート所持者は招待した在日米軍基地関係者が引率すれば別途手続きなく基地内に入ることができたが、今後は手続きが厳格化される。反面、日本パスポート所持者は引率者がいれば追加的な手続きを経なくても在韓米軍基地に出入りすることができる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기