본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【時論】悲観と楽観の間に立つ韓国半導体(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国の半導体産業は国家主力産業だ。国内総生産(GDP)寄与度が3.6%、雇用16万5000人、輸出品目の21%、株式市場時価総額の約25%を占める。特にDRAMとNAND型フラッシュメモリーの世界市場シェアはそれぞれ74%、49%と、韓国半導体産業が世界情報技術(IT)産業を主導している。半導体産業は過去2年間、スマートフォンの仕様が高度化したほか、ビッグデータの需要が増加したことでスーパー好況を迎えた。

しかし最近モルガン・スタンレー、ゴールドマンサックスなどグローバル投資銀行が韓国半導体産業に否定的な意見を出している。世界スマートフォン企業のメモリー半導体過多在庫と韓国半導体企業のメモリー供給過剰でスーパーサイクルがすでにピークを過ぎ、来年は下降するという。一方、サムスン電子とSKハイニックスはメモリー価格が来年やや下落しても、ビッグデータ需要の持続的な増加と人工知能(AI)など新規メモリー半導体需要の増加で好況は続くと見込んでいる。特に2020年からデータ伝送速度が10倍速い第5世代(5G)移動通信の商用化が始まれば、100倍のメモリー容量増加をしなければならないため世界的にスマートフォンの仕様高度化が再現すると期待している。韓国半導体産業の未来については悲観論と楽観論が共存する。こうした中、韓国半導体産業の未来を脅かす要因も少なくない。1つ目、韓国半導体企業のスーパー好況を支える半導体装備・素材・部品産業がグローバル競争力を失いつつある。半導体装備と素材の国産化率はそれぞれ18%、48%と、過去10年間停滞している。

2つ目、優秀な半導体研究開発(R&D)人材の輩出が急激に減少している。産業通商資源部の半導体分野R&D事業支援予算が2009年の1000億ウォンから2017年には300億ウォン(約30億円)に急減し、最近は新規R&D予算がゼロの状態にまで進んでいる。その結果、ソウル大の半導体修士・博士輩出人員は2009年の100人から2017年には30人水準に減った。惨憺たる現実だ。

3つ目、中国メモリー半導体産業の速い追撃だ。中国の「集積回路(IC)産業発展要綱」によると、2025年までに1500億ドル(約17兆円)を追加で投資し、半導体装備・素材・部品の自給率を70%に引き上げるという。すでに中国内には32カ所の半導体製造工場があり、福建晋華(JHICC)・イノトロン・YMTCは来年初めからDRAMとNAND型フラッシュメモリーを量産する予定だ。それだけでなく中国企業は韓国半導体装備・素材・部品企業の製品購買を条件にM&A(企業の合併・買収)や中国への移転を強力に推進している。これは韓国半導体装備・素材・部品会社の生態系を脅かしている。

【時論】悲観と楽観の間に立つ韓国半導体(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기