본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

国連報告書「北朝鮮が安保理制裁違反…核ミサイル開発中断していない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
北朝鮮が国連の制裁を避け海上での「瀬取り」を通じて原油を獲得し、シリアの武器密売人を通じてイエメンとリビアに武器を販売したという主張が提起された。

AFP通信などが4日、前日に国連安全保障理事会に提出された149ページの専門家報告書を引用して報道した。

報告書は北朝鮮が「核ミサイル開発を中断していない。国連安保理決議に反する違法活動を継続している」と明らかにした。

報道によると、北朝鮮は1月から5カ月間にわたり少なくとも89件の船舶間違法積み替えを通じて石油と石炭取引をしていることがわかった。また、北朝鮮が5カ月間に少なくとも50万バレルの石油製品を購入して国連決議案に違反したとの指摘も出された。国連は昨年採択した対北朝鮮制裁決議案2397号に基づき北朝鮮が年間に輸入できる石油精製製品を50万バレルに制限している。

報告書は北朝鮮がリビア、イエメン、スーダンにシリアの武器密売人を通じて小型武器と軍事装備を供給しようと試みた情況が捉えられたとも伝えた。武器密売人とされるシリアのフセイン・アル・アリはイエメンとリビアの武装団体に北朝鮮製武器を提供した人物だ。

国連の専門家らは北朝鮮の武器禁輸措置に違反する軍事協力に対し持続して調査している。

報告書はまた、「北朝鮮は昨年10月から3月まで中国とインドなどに鉄や鋼鉄など禁止品目を輸出し1400万ドルを稼いだ」と明らかにした。

続けて「北朝鮮との合弁投資禁止措置を破り共同で運営されている200社以上の企業を明らかにした。そのうち大多数がロシアの建設企業だ」と指摘した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기