본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北朝鮮「韓日米参加のPSI訓練は挑発行為…米国は分別ある行動を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米国に終戦宣言の締結を要求してきた北朝鮮が、韓日米3カ国が最近参加した多国家間の海上訓練を問題視し、米国・韓国政府を非難した。

北朝鮮の対外宣伝メディア「わが民族同士」は30日、「シンガポール朝米共同声明に対する乱暴な違反」と題した文で、24-26日に日本の南側の海上で実施された「大量破壊武器拡散防止」訓練に対し、「米政府がこうした軍事訓練を強行したのは、敵対関係の解消と信頼回復のために努力するわが共和国に対する挑発」と主張した。

共同通信などによると、今回の訓練は米国主導の大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)の一環で、韓米日は25日に実施されたこの訓練に参加した。

わが民族同士は「シンガポール朝米共同声明以降、我々は敵対関係の解消と信頼回復のためにあらゆる努力をしている」とし「相手との関係改善を確約し、対話をしようと言いながらも背を向けて、今回のように相手を狙った海上遮断訓練に狂奔する米国の二重の態度は、内外の大きな憂慮と怒りを招いている」と伝えた。さらに米国に向けて「熟慮して分別のある行動をすべきだ」と警告した。

一方、北朝鮮メディアは27日から4日間、米兵遺骨送還措置について直接的な言及や報道をしていない。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기