본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

俳優チョ・ジェヒョンさん側「在日同胞女優には10ウォンたりともやれない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

俳優チョ・ジェヒョンさん

俳優チョ・ジェヒョンさん側が女優への性暴行疑惑を繰り返し否定し、強硬な法的対応の意思を明らかにした。在日同胞俳優Aさんは、18年前にドラマで共演したチョ・ジェヒョンさんから性暴行を受けたと主張していた。

チョ・ジェヒョンさんの法律代理人は、26日に放送されたSBS(ソウル放送)の芸能情報番組『新SBSテレビ芸能』を通じて「Aさんを性暴行したことはない。合意による関係だった」とし「女優の自宅で関係を持ち、結婚以降のただの浮気に過ぎない」と明らかにした。

続いて「Aさん側の法律代理人が『母親がブランドバッグ事業をして経済的に厳しい状態になった』と言って最近も3億ウォン(約2950万円)を要求してきた。10年以上にわたって金を吸い取られていたが再び3億ウォンを要求してきたため我慢できず対応することにした」と説明した。チョ・ジェヒョンさん側は今月22日、Aさんを常習恐喝および恐喝未遂罪でソウル中央地検に告訴した。

あわせて「チョ・ジェヒョンさんは今、芸能界に復帰する考えはない。俳優生活をしていれば3億を削ってでも渡すことはできるが、今は合意する理由もなくて性暴行でもないため10ウォンたりともやれないと伝えた」と付け加えた。

一方、Aさんはこの日の放送で「1999年か2000年かにドラマ撮影があった」とし「(チョ・ジェヒョンさんが)台本練習中、指導してやると言って工事中の真っ暗な男子トイレに引き込んで扉を閉めて性暴行をした。終わってから『良かっただろう?』と言った。このことがあったため結婚を準備していた恋人とも別れて病院に通うことになった」と主張した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기