본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

安倍首相、金正恩委員長と9月にロシアで会談?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
ロシアのプーチン大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長を9月にウラジオストクで開催される東方経済フォーラムに招請したことを受け、この期間に日朝首脳会談が開催される可能性について日本国内で注目が集まっている。

菅義偉官房長官は5日の定例記者会見で、「東方経済フォーラムで日朝首脳が会談をする可能性はあるのか」という質問を受けると、「諸般の事情が許せば安倍首相は9月の東方経済フォーラムに出席する予定だが、詳細日程については現時点で決まったことはない」と答えた。可能性を閉ざさない言葉だ。

河野太郎外相もこの日の記者会見で関連の質問が出ると「米朝首脳会談の行方を見守りたいと思う」と答えた。12日にシンガポールで開催される米朝首脳会談の結果を見てから動くということだ。

これに関連し菅義偉官房長官はこの日、「在シンガポール日本大使館を通じた情報収集に加え、東京からもしかるべき政府関係者を現地に派遣し、情報収集に万全を期したい」とし「米朝首脳会談に関連して今後、米国政府と緊密に連携していきたい」と述べた。

安倍首相は7日にワシントンを訪問し、トランプ大統領と日米首脳会談をする予定だ。トランプ大統領が1日(現地時間)、ホワイトハウスで北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長と会談した後、「最大限の圧力という表現を使いたくない」と述べるなど日本政府の基調と異なる発言をした状況であり、両首脳が米朝会談を控えて隔たりをどれほど調整するかが注目される。安倍首相は6日に出国する。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기