본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<Mr.ミリタリー>F-22の機動飛行と惨めな韓国軍需産業(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
飛行任務を終えたF-22戦闘機は滑走路の隅の駐機場で他の戦闘機と並んでいた。ラプターが2機、F-35が2機だ。この日、F-35は飛行しなかったが、F-22の「弟」といえる。世界最高の戦闘機を作れという米議会の要求を受け、F-22を開発したが、その後にその技術を集めてもう少し小型にしたのがF-35だ。F-35はF-22より機体が小さく、機動性は落ちるが、ステルス型第5世代戦闘機だ。機体はレーダー上でゴルフボールの大きさで認識される。したがってF-35も北朝鮮のレーダーを避けて浸透し、地上打撃任務を遂行できる。韓国空軍には来年からこの戦闘機が導入される。有事の際、北朝鮮が弾道ミサイルを発射する前に除去するキルチェーン(kill Chain)の核心手段だ。F-35が北朝鮮の上空を飛行し、ミサイルや誘導爆弾で北朝鮮軍弾道ミサイルを直接破壊できる。

これとともに展示会で目を引いたのは韓国が開発中の韓国型戦闘機(KFX)の核心装置だった。多機能位相配列レーダー(AESA)と赤外線追跡レーダー、戦闘機用任務コンピューターなどだ。米国が技術提供を拒否したため韓国が開発できる可能性は低いと評価されたが、すでに完成段階に入っている。AESAレーダーは1000個以上のアンテナモジュールを細かく設置し、それぞれのアンテナから電子ビームを放って敵機を探知し、これをコンピューターで自動総合して分析する先端レーダーだ。国防科学研究所(ADD)開発担当者は「現在F-35に搭載されたAESAレーダーに近い水準で開発した」とし「近いうちにイスラエルで実戦的検証をするために準備中」と述べた。

このほかの国産武器ではADDが開発した戦術地対地ミサイル(KTSSM)、国内軍需企業が生産した小型滑降誘導爆弾(KGGB)が注目を集めた。国防部の指示でADDが秘密裏に開発した戦術地対地ミサイルは、北朝鮮の長射程砲の坑道陣地を精密破壊する性能を持つ。北朝鮮が有事の際に韓国に報復するため首都圏に向けて長射程砲を撃つ場合、韓国軍は直ちに戦術地対地ミサイルで長射程砲の坑道を破壊する。このミサイルは坑道を覆うコンクリートを突き抜けて爆発するため、坑道の入口を完全にふさぐ。またKGGBは空軍戦闘機に搭載されて投下されるが、この爆弾に付いた翼を利用して70キロ飛行する。正確度は13メートル以内だ。企業関係者は「KGGBには翼とともにGPSなど誘導装置があり、休戦ラインの向こう側の山岳地形をう回して北の長射程砲の坑道を破壊できる」と述べた。国防部はこの2種類の武器体系の長所を高く評価し、多量生産する計画という。北朝鮮が長射程砲を発射すれば短時間内にすべて破壊するための布石だ。戦術地対地ミサイルとKGGBを十分に確保すれば、米国が対北朝鮮軍事オプションを発動する時に北朝鮮の対南報復を最小化できるからだ。

<Mr.ミリタリー>F-22の機動飛行と惨めな韓国軍需産業(3)


<Mr.ミリタリー>F-22の機動飛行と惨めな韓国軍需産業(1)

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기