본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「韓国人観光客のチャーター便はOK、中国人観光客のチャーター便はNO」中国の「計算」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

空っぽの旅行会社事務室。3月、中国当局の禁韓令以降、中国専門旅行会社が大きな困難を強いられている。(写真=中央フォト)

中国政府が最近、済州(チェジュ)航空が申請した韓国清州(チョンジュ)-中国張家界間チャーター便の運航を承認したと駐中大使館関係者が17日、明らかにした。

高高度防衛ミサイル(THAAD)体系の問題で全面中断された韓中チャーター便路線が承認を得たのは今回が初めてだ。だが、同時に申請した仁川(インチョン)-汕頭間チャーター便の運航は不許可になった。

これに関して大使館関係者は「THAAD報復の緩和や解除とは全く関係がない措置」と説明しながら、早計な判断を警戒した。韓国人観光客の誘致が必要な張家界路線だけを承認し、中国人観光客を韓国に送る目的である汕頭路線を許さないことから中国の意図を読むことができるためだ。

済州航空は夏の休暇シーズンである今月25日と29日、2回のチャーター便運航計画を中国民航機に提出して承認を得た。清州-張家界間路線の主な顧客は中国湖南省の景勝地として有名な張家界観光をする韓国人だ。中国にとってはチャーター便の運航を許すのが自国の利益につながるわけだ。だが、大使館関係者は「張家界の団体観光商品に観光客を募集してチャーター便の運航が実現するかどうかはまだ未知数」と話した。これは、THAAD報復措置の一環として中国当局が韓国観光送出を禁止させたことに対した反発で、中国を訪れる韓国人観光客も大幅に減ったためだ。張家界を訪れる観光客が主に利用する定期便路線である仁川-長沙便の乗客も昨年より大幅に減少している。

一方、中国民航局は仁川-汕頭間路線のチャーター機運航は承認していない。この路線が運航される場合、主な乗客は韓国人でなく中国人になるものと予想しているためだ。この路線が開設されれば、韓国との定期旅客路線が不足している広東省汕頭の中国人の韓国旅行がより便利になる。だが、韓国人が汕頭を訪れる需要はそれほど多くない。

一方、駐中大使館関係者は「今月初め、韓中首脳会談以降、中国側のTHAAD関連報復性措置が緩和、あるいは解消されたのかを綿密に検討したが、ロッテマートの営業停止の長期化など各種措置にいかなる変化がないということが分かった」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기