본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「母からサムスンの馬を私のもののように乗れと言われた」…サムスン裁判に出席したチョン・ユラ氏

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
崔順実(チェ・スンシル)被告の娘、チョン・ユラ氏が李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の裁判に証人として出席し「サムスンが買ってくれた馬に対して母は『君のもののように乗れば良い』と言った」と明らかにした。

チョン氏は12日、ソウル中央地方裁判所刑事合意27部(キム・ジンドン部長裁判官)の審理で開かれた李副会長とサムスングループの前職役員の公判でこのような趣旨で証言した。

パク・ヨンス特別検事チームはチョン氏に「母から『馬をあえて買う必要ない。君のもののように乗れば良い』と言われ、『サルシド(馬)が私の物だ』と考えたか」と聞いた。これに対し、チョン氏は「そのような話は聞いたが、私の馬とは考えなかった」と答えた。

チョン氏は「母の話を聞いてサルシドを購入したか、(所有権問題が)よく解決されて私たちが馬を所有することになったと判断したようだ」と付け加えた。

一方、前日、チョン氏の弁護人は裁判所に欠席理由書を提出し、チョン氏の証人出席は反故になったと伝えられていた。しかし、チョン氏はこの日、突然裁判に姿を現した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기