본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国外交部「中国内の太極旗き損に強く対応する」

ⓒ 中央日報日本語版

ずたずたに引き裂かれた太極旗(韓国の国旗)がジム内にあるサンドバッグにぶらさがっている。(写真=オンラインコミュニティ)

在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)体系配備の決定に反発した一部の中国人が太極旗をき損した事例に対して、韓国外交部は「厳重かつ深刻に受け止めている」と明らかにした。

趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)外交部報道官は、28日の定例記者会見で太極旗のき損に関連して「さまざまな契機を通じて中国側に厳重に抗議し、直ちに是正を要求した」と述べた。

趙報道官は「中国側も事態の深刻性に共感し、関連者の調査やき損された太極旗の回収などの措置を取った」とし「中国全域の公館で事態が再発しないように、中国政府と積極的に協議し協力するよう指示を送った」と付け加えた。

一方、今月中旬、天津市内の2カ所のジムで太極旗が引き裂かれる事件が発生した。また、瀋陽のあるホテルは最近、出入り口付近のフロアに「韓国人を踏み殺そう」という過激な一文が書かれた太極旗を敷いていた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기