본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

フランチャイズの海外進出、「コリア」ブランドの活用を

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
「2015年。韓国の肉フランチャイズ市場は飽和状態だった。脱出口は海外、それも中国だと判断した。周囲の勧誘で情報を得るために深センの見本市に参加したが、機会は訪れなかった。社員3人を上海など中国に送り、人に会い、食べ物を食べ、文化を学ばせた。中国で事業をするには中国を知らなければならないという判断からだ。2年が過ぎたいまは広州1号店に続き上海と滄州にも店を開いた。広州店の1日平均売り上げは2万7110元(約470万ウォン)で韓国国内店舗の平均売り上げ150万ウォンの3倍水準だ」。

正統サムギョプサル(豚バラ肉)専門店ブランド「クイガ」の話だ。大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が22日に韓国フランチャイズ企業の海外進出成功事例集を出した。コリアナ化粧品のスキンケア専門店セレニークをはじめ、コーヒーベイ、クイガ、ミスターピザ、ソフツリー、ソレカルメギ、スノーボール、ピザマル、スイートモンスター、ヤドゥリエチキンの10社の成功談だ。これら企業は海外進出4年で年間営業利益平均165万ドルを達成した。

韓国企業が海外進出をする際に最も好むタイプはマスターフランチャイズ方式だ。現地の事業パートナーと契約し、該当地域に対してその事業パートナーが加盟事業を代行するものだ。KOTRAはこの方式の成功のためには事業パートナーの選定が極めて重要だと助言する。

KOTRA知識サービスチームのキム・ジンウ専門委員は「認知度が低いブランドが良い海外パートナーに出会うのは難しいこと。しっかりとしたパートナーではなく、協力関係が壊れたり詐欺にあうケースも一度や二度ではない」と話す。こうした時は信用があり、節度のあるパートナーを確保するために「大韓民国」という国家ブランドを活用するのが良い戦略だ。

コリアナ化粧品のスキンケア専門店セレニークが良い事例だ。セレニークは昨年10月に台湾のフランチャイズ市場に進出した。セレニーク事業チーム長を務めるキム・ジング氏は「海外見本市とフランチャイズ使節団への参加だけで30回。慎重に会った現地パートナーに韓流ブームに乗っている韓国化粧品の長所を説得し契約できた」と話した。コーヒー専門店コーヒーベイを展開するサグァナムはコーヒー文化の本場である米国で4600店舗を持つウォルマートへの入店権を獲得した。現地市場に対する徹底した分析と粘り強い交渉、KOTRAを通じた米国経済とウォルマートに関する情報入手などが役に立った。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기