본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

チョン・ユラ容疑者、デンマーク裁判所で涙 「子供と一緒ならいつでも韓国に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

チョン・ユラ容疑者

崔順実(チェ・スンシル)被告の娘チョン・ユラ容疑者がデンマーク現地裁判所の検事尋問過程で「ドイツには乗馬訓練をしにきた。サムスンはスポンサーとして馬を準備してくれただけで、私はただ馬に乗るだけ」と陳述していることが分かった。チョン容疑者は現地裁判所が休廷中の時には海外同胞と話を交わす姿が写真に撮られた。

3日、京郷新聞によると、チョン容疑者は1日(現地時間)に行われた検事尋問の過程で「母がサインをするよう求めたので複数の書類にサインしただけで私は本当に何も知らない。お金がどのように回っているのか、どのくらいの額がどこからどのように入ってきたのか、それを知っているのはKamplade(乗馬コーチ)と母しかいない」とこのように述べたという。

また、弁護士尋問では「送還になれば韓国に行くか」という質問に「子供のためにとても悩んでいる。罰を受けるかと思ってとても悩んでいる」と話した。また「私が韓国に行けば監獄に入ることになるだろうし、この子がどうなるか分からない。両親も離婚して私も離婚し、私は世の中で一人だ」と話した。

サムスンのスポンサーの件に関しては「サムスンは6人の選手を後援しているが私はそのうちの一人でしかない」と話した。

今、子供はいるかとの質問に対しては「19カ月の子供がいる。11カ月の時にこの子の父親がいなくなり、コンタクト(連絡)がない」と話して大声で泣いたことが伝えられた。「赤ちゃんの面倒を見る人はいるか」という質問には「いない。誰もいない。ただし、この子は2018年までドイツに留まることができる」と答えた。引き続き「私がこの子と一緒なら、いつでも韓国に戻る。私はただこの子のことだけを考えている」とし「私は(この事態について)全く分からない。2015年以降はいつも母と言い争いをしていたし、私は彼と一緒に別の家に住み、会話は断絶していた」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기