본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

アジア6カ国のトランプ支持率 韓国7%で最低・中国39%で最高、日本は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
アジアの国々のうち、米国大統領選挙の共和党候補ドナルド・トランプ氏の支持率が韓国では7%で最も低く、中国では39%で最も高いことが分かった。香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が先月12~23日に韓国・日本・中国・フィリピン・シンガポール・インドネシアなどアジア6カ国3614人を対象にアンケート調査を実施した結果、回答者の76%がヒラリー・クリントン氏の当選を希望したと6日、報じた。クリントン氏の支持率は韓国人が93%で最も高く、次いでインドネシア(90%)・日本(88%)が続いた。中国は61%で最も低かった。韓国人63%はトランプ氏に対して「非常に非友好的」な見解を持っているが、クリントン氏に対しては2%のみだった。韓国人はトランプ氏を反対する理由として「道徳的に大統領にふさわしくない」「予測不可能」「分裂を招く」等を挙げた。

韓半島(朝鮮半島)の問題解決にふさわしい候補として、韓国人はクリントン氏を挙げた半面、中国人はトランプ氏を挙げた。韓国の回答者の36%は現バラク・オバマ政府より南北問題をうまく解決する候補にクリントン氏を挙げ、69%はトランプ氏が当選すれば悪化すると考えていることが分かった。半面、中国人の52%はトランプ氏を支持し、クリントン氏(48%)よりも高かった。アジア全体の回答者42%は韓半島問題の解決にふさわしい候補にクリントン氏を挙げており、トランプ氏(30%)をリードした。

中国人のトランプ氏に対する好意的な評価は多様なイシューを網羅していた。南シナ海問題54%、インターネット安保協力59%、貿易問題57%ではクリントン氏を凌いだ。中国人の38%が「クリントン氏がアジアのために良い選択」と回答し、アジア人の平均54%よりも大きく下回った。

米国シンクタンクのブルッキングス研究所北東アジア政策研究センターのリチャード・ブッシュ所長は「トランプ氏の政策が米韓同盟や米日同盟を弱化させることができるならば、中国には彼を反対する理由がない」と説明した。米国ジョージ・ワシントン大学のロバート・サター教授は「クリントン氏は貿易・ハッキング・北朝鮮問題を扱う際、中国に対して荒っぽい表現を使い、中国人が知っていることを自身も知っているという点を強調している」とし「半面、トランプ氏とは関係をうまく維持できると楽観している」と評価した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기