본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ノーベル科学賞受賞者を最も多く輩出した大学は? 日本3大名門大が頭角(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
ノーベル賞は科学分野における学問的成果の最高峰を象徴する指標の一つだ。毎年この時期になると各国は自国にノーベル賞受賞者がいるかどうか神経を尖らせる。ノーベル科学賞受賞者を最も多く輩出した大学はどこだろうか? ことしのノーベル科学部門(生理学・医学、物理、化学)の受賞者発表が終わった状況で、中央日報が過去116年間でノーベル科学賞を受賞した学者588人の出生地、国籍、博士学位を受けた大学、所属機関をノーベル賞委員会の資料を基に全数調査した。

栄誉の「ノーベル科学賞最大輩出大学」タイトルは基準によって変わる。博士学位を基準にすると、英国のケンブリッジ大学がノーベル科学賞を最も多く輩出(8.3%?49人)した。

特に、物理学賞受賞者の場合、10人に1人(9.8%)が同校で博士学位を受けている。生理学・医学賞分野ではハーバード大(9.1%、19人)がケンブリッジ大(6.7%、14人)に比べて多くの博士学位所持者を保有している。ハーバード医大のおかげだ。全体ノーベル科学賞受賞者の博士学位に焦点を当ててもハーバード大は世界で2番目に多くのノーベル賞受賞者を輩出している(7.3%、43人)。米国コロンビア大出身者も4.3%(25人)になる。

ただし、21世紀に目を移してみると、アジアの大学から次々と受賞者が生まれている。日本の東京大・京都大・名古屋大はノーベル賞3大名門大学の位置づけを構築するほどの勢いだ。東京大で博士学位を受けた学者2人が生理学・医学賞を受賞し、名古屋大博士4人は物理学賞を受賞した。このうち2人は京都大がスカウトした。

日本のノーベル賞受賞者の85%は日本国内で博士学位を取得していた。韓国科学技術政策研究院のイ・ジョンチャン博士は「研究室に蓄積された研究資源を継承する日本特有の徒弟システムのおかげで日本国内で学んだ学者が大勢ノーベル賞を受賞している」と分析した。

ノーベル科学賞受賞者を最も多く輩出した大学は? 日本3大名門大が頭角(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기