본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国、最新鋭ステルス戦闘機「J-20」の高画質写真を公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

中国のステルス戦闘機「J-20(殲-20)」

早ければ来年初めに実戦配備される中国のステルス戦闘機「J-20(殲-20)」の高画質写真が公開された。中国国慶節(10月1日)を迎えて中国のネットユーザーが相次いでJ-20の写真をインターネットに載せている。

J-20とは、中国軍部が「米国のF-22ラプターに続いて実戦配備される世界で2番目のステルス機で、性能もラプターに匹敵するか、またはそれを上回る」と誇る戦闘機。2011年1月11日に初飛行に成功し、現在8機の試製機がさまざまな性能実験をしている。

J-20は空中給油機能を備え、長距離飛行が可能。長距離巡航ミサイルも発射できる。最先端アクティブ電子走査式位相配列(AESA)レーダーを搭載している。

中国空軍は6月、ウェイボ(微博、中国版ツイッター)で「J-20はまだ試験段階だが、近いうちに次々と部隊に配備され、空軍の戦力をさらに引き上げることになるだろう」と明らかにした。中国共産党機関紙・人民日報のインターネット版「人民網」は、J-20が来年初めに実戦配備されるとみられると伝えた。

米国はJ-20の開発速度に驚いている。「中国は2020年代に入ってステルス戦闘機を保有する」という当初の予想とは違うためだ。しかしエンジンやレーダーの性能が中国が誇るレベルかどうかを疑う専門家もいる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기