본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【時視各角】サムスンのリコールとグローバルリスク(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
サムスン電子のギャラクシーノート7のリコールは避けられない措置だ。そんな中でもいち早く正しい選択をしたのは幸いだ。ギャラクシーノート7のバッテリーは内蔵型だ。スマートフォンは身体に近いところで携帯するものだけに消費者はバッテリーの火災に大きな脅威を感じざるをえない。もし睡眠中に充電していて火災でも起きれば、それこそ最悪の災難だ。アップルiPhoneのベンドゲート(曲がりすぎて折れてしまう問題)やデスグリップ(iPhoneの下部を持つとアンテナ電波受信がうまくできない問題)とは次元が異なる問題だ。

歴史上有名なリコールはすべて生命と安全が絡んでいる。ジョンソン・エンド・ジョンソンは1982年の解熱鎮痛剤「タイレノール」青酸カリ混入事件で8人が死亡したことを受け、市中に出回っていたすべてのタイレノールをすぐに回収した。これによって当時2億4000万ドルの損失を出したがタイレノールの信頼は守った。その逆の事例が2000年の米国ファイアストンだ。同社はタイヤの欠陥を隠し、米国で46人が亡くなって初めて遅まきながら650万個のタイヤをリコールした。米政府が国民の生命に関係する重大な懸案と判断したためだ。ファイアストンは結局破産に追い込まれ、日本ブリヂストンに売却された。

先月24日、焼け焦げたギャラクシーノート7の写真が初めてネット上に登場した。その日夕方に会ったサムスン電子関係者は「特別なことではないように思われる」という反応だった。この関係者はむしろブラックコンシューマーのいたずらでないかと疑っている様子だった。以前も電子レンジで携帯電話エニーコールを加熱して爆発させた後に合意金を得ようとして懲役1年が宣告された黒い歴史があるためだ。LG Optimusのバッテリー爆発も結局ねつ造であることが判明し、当時1500万ウォンの罰金刑に処された。だが、ギャラクシーノート7が本格的に問題に巻き込まれ始めたのはその翌日からだった。韓国の電子商品情報サイト「ppomppu」や「clien」をはじめ、フェイスブック、ユーチューブなどに焼け焦げた映像、煙が出ている写真が相次いで掲載されたのだ。

【時視各角】サムスンのリコー讃とグローバルリスク(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기