본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「独島は韓国固有の領土」裏付ける文献記録見つかる(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

1900年大韓帝国勅令第四十一号。石島を鬱道郡の管轄領に含めるという内容だ。(写真提供=私たちの文化を培う会)

1938年に発行された『朝鮮語辞典』の初版本。(写真提供=私たちの文化を培う会)

「第2條。郡庁位置は台霞洞に定め、区域は鬱陵全島と竹島、石島を管轄する事」。

高宗(コジョン)皇帝が1900年10月25日に公表した『大韓帝国勅令第四十一号』のこの条項は石島〔現在の独島(ドクト、日本名・竹島)〕が韓国固有の領土であることを立証する重要な根拠に挙げられている。

1905年に日本の島根県が独島を不法編入するその5年前、すでに大韓帝国が石島を地方行政単位である鬱道郡(ウルドグン)の管轄領として公表していた事実を明確に示しているためだ。だが、これまで日本学者は「石島」が「独島」を意味するのか明確ではないとし異議を唱えてきた。

最近、韓国の主張通り「石島=独島」であることを裏付ける重要な文献記録が発掘された。社団法人「私たちの文化を培う会」(理事長・キム・ムンス)は29日、「1938年に発行された初めてのハングル辞典『朝鮮語辞典』の初版本を、最近、国内の古本屋で発見した」とし「この辞典の379ページには『ドク』を『トル(石)の訛り』と解説している部分があり、これは当時石島が独島の別の名称であったことを示す明白な証拠」と明らかにした。当時、鬱陵島の住民たちが独島を「トルソム」の訛りである「ドクソム」と呼び、これがその後「独島」に変換されたという主張を裏付ける資料だということだ。

『朝鮮語辞典』は、日帝強占期に国語学者の青嵐(チョンラム)文世榮(ムン・セヨン)先生が主導して作った最初の総合国語辞典で、約10万語の語彙がまとめられている。この辞典の修正増補版は広く知られているが初版本は国内では見つかっていなかった。

大韓帝国勅令に鬱道郡の領域として表記されたチュクド(竹島)が鬱陵島から東に約2.5キロ離れた現在のテッソムを指すことについては韓日両国間で異見はない。だが石島をめぐっては意見が交錯していた。日本学者は石島が独島であることを証明する明確な文献資料がないとし、石島が鬱陵島の横のカクセソム(観音島)を意味すると主張した。

「独島は韓国固有の領土」裏付ける文献記録見つかる(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

1/2

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기