본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<囲碁:人間vs人工知能>「アルファ碁、ミスをしても冷静さを維持」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
李世ドル(イ・セドル)九段と人工知能(AI)「アルファ碁」の5番勝負の第1局がアルファ碁の勝利で終わると、各界は衝撃に陥った。公共場所のテレビの前に集まって中継を見ていた市民は李世ドル九段が碁石を投げた瞬間、一斉にため息をついた。

最も衝撃を受けたのは囲碁界だ。テレビ生中継の解説をしていたプロ棋士の劉昌赫(ユ・チャンヒョク)九段は「アルファ碁は予想以上に優れていた」とし「アルファ碁の実力も素晴らしいが、李世ドル九段が普段より緊張していたためか、本当に李九段だろうかと思うほど内容がよくなかった」と述べた。

現場解説を担当した金成竜(キム・ソンリョン)九段も対局後の記者会見で「プロ棋士として衝撃的な一日だった」とし「アルファ碁は全く人間のような囲碁をしなかった。プロ棋士は良い部分、悪い部分があれば、流れに乗って次の手を続けて結果的に差が広がるが、アルファ碁はミスをしても冷静さを維持した。これが勝利の原動力」と評価した。

ソウル鍾路区(チョンノグ)の世界棋院に集まってテレビで対局を見守っていた約50人も李九段の敗戦にため息をついた。キム・サンミョンさん(57)は「友人と今回の対局で賭けをしたが、李九段の勝利に賭けた。しかしアルファ碁の瞬発力と危機対応力は想像以上だった」と話した。会社員のキム・キョンミンさん(49)は「李九段を人類代表で応援していたがショックだ」と語った。

海外メディアも「アルファ碁が世界チャンピオンに勝った」と対局の結果を速報で伝えた。英ガーディアンは「最後まで結果を予測できなかった。韓国人と囲碁ファンは李世ドルの敗北に衝撃を受けた」と伝えた。また「囲碁は人間が考案した最も複雑なゲーム」という点を強調し、アルファ碁の勝利に意味を付与した。

ロイター通信は「アルファ碁が世界最高棋士を退け、AIの発展に新たな里程標を立てた」と評価した。囲碁でコンピューターが人間に勝つには10年以上かかるという予想が外れると、懸念の声も出てきた。英デイリーメールは「ロボットが複雑な分野でも人間のような実行能力を持つことができるという希望が生じる一方、人間より優越しないか心配する視線もある」と伝えた。

李世ドル九段のライバルで中国囲碁ランキング1位の柯潔九段は中国メディアを通じて「李世ドル九段の棋風は後半に逆転勝ちするスタイルであり、アルファ碁との対局には適していない」と評価した。当初、李九段の5対0の勝利を予想していた柯潔九段は第1局の後、「アルファ碁が5対0で勝つ可能性もありそうだ」と話した。

一方、アルファ碁を開発したグーグル傘下のディープマインドのハサビス最高経営責任者(CEO)は対局後、ツイッターに「ゲームに勝った。我々は月に着陸した」というコメントを載せた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기