본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓経:台湾鴻海の日本シャープ買収、最後に残った変数はサムスン?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
今週発表される日本のシャープの買収元として台湾の鴻海(ホンハイ)が有力な中で、サムスン電子が変数として浮上した。シャープが核心資産である第10世代LCD(液晶表示装置)工場の持分をサムスンに譲渡する可能性が議論されているからだ。

日本経済新聞は22日、シャープの買収先の決定が迫る中でサムスン電子の動きが変数になっているとしながら、シャープもサムスンの支援をそれとなく望んでいるという内容を報道した。

シャープは買収額7000億円を提案した鴻海と3000億円を提示した日本政府系ファンドの産業革新機構(INCJ)のうち、鴻海を優先交渉対象者に選んで売却を推進中だ。シャープは24~25日に開かれる理事会で買収元を決める。

サムスン電子の変数が出てきた部分は、第10世代(2880×3130ミリ)のLCDを生産する堺ディスプレイ(SDP)だ。SDPは2013年に分社化して鴻海に37.6%の持分が移った。サムスンはSDPのシャープ側の持分37.6%の買い取りを提案したと分かった。第8世代工場が最大であるサムスンがSDPを買収すれば10.5世代の投資を始めた中国BOEなどと効率的に競争できる。

日経によれば李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が直接出てきて何度も買収を提案した。

李副会長は昨年10月、シャープの大株主である日本大手金融機関の代表と会って「シャープを支援したいが日本政府などで警戒され、誤解されている」として「(サムスンの)真意を伝えてほしい」と要請した。また昨年12月にはサムスン電子がシャープに「堺工場の経営権取得のために資産の実態調査をしたい」と提案したという。

シャープは鴻海に対する不信のためサムスンを好んでいる。シャープ関係者は「鴻海が共同経営後に実績が良くなった『SDPモデル』を前面に出しているが、実のところはシャープがサムスンを顧客につなぎとめて稼動率を高めているだけ」とした。SDPはサムスン電子に60インチ以上のパネルを大規模供給している。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기