본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

鳩山元首相「独立運動家への過酷な拷問をおわび」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

鳩山由紀夫元首相が12日午後、柳寛順(ユ・グァンスン)烈士が投獄されたソウル西大門刑務所8号監房の前で謝罪の黙祷をしている。

日本の元首相がひざまずいて頭を下げた。日本が建てた「西大門(ソデムン)刑務所」でだ。鳩山由紀夫元首相は12日、西大門(ソデムン)刑務所を訪れ、過去の日本の蛮行を謝罪した後、ひざまずいて殉国烈士を追悼した。日本の元・現職首相が独立運動関連施設でひざまずいたのは今回が初めてだ。

鳩山首相は最初からひざまずく計画ではなかった。鳩山首相は柳寛順(ユ・グァンスン)烈士が投獄された獄舎から「民族の魂器」追悼碑に移動し、通訳を通じて「献花の後は立って追悼するのか、座って追悼するのか」と質問した。案内を担当していた西大門刑務所の関係者が「(2001年)小泉(当時)首相はひざを曲げて献花された」と答えた。

鳩山首相は祭壇に白い菊を献花した後、追悼碑の前に立った。追悼碑をしばらく眺めた鳩山元首相は靴を脱ぎ、黒い布の上に立って頭を下げた後、ゆっくりとひざまずいた。目礼の後、鳩山元首相は頭を下げ、履物を履いてからもう一度黙祷した。

献花後の記者懇談会で鳩山前首相は「日本が韓国を植民統治していた時代に、独立運動家ら多くが収容され、拷問を受け、命まで失った事実を思い、心から申し訳なく、おわびしたい」と述べた。安倍首相が近く発表する「戦後70年」談話については、「韓国への植民統治、中国への侵略などが歴史的事実として入らねばならず、当然、反省と謝罪の気持ちも入らねばならない」と語った。

案内をしたムン・ソクジン西大門区庁長は「献花を準備し、前に黒い布を意図的に敷いた」とし「ドイツのヴィリー・ブラント首相の場合のように謝罪するかどうか見守ったが、ひざまずいて頭を下げ、誠意を見せたことに感謝する」と述べた。

鳩山元首相「独立運動家への過酷な拷問をおわび」(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기