본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

バットマン製作者「次世代キャラクター、韓国に答ある」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
闇が支配するゴッサムシティの孤独な英雄バットマンを映画化した製作者マイケル・E・ウスラン氏(64)が来韓した。

韓国コンテンツ振興院が主催する「コンテンツインサイト」の講演者として参加した彼は、1989年にティム・バートン監督が演出した『バットマン』をはじめクリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』シリーズを経て来年公開する『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(以下『バットマンvsスーパーマン』)までバットマンの全シリーズの製作総括を担当した。今までに手がけた作品が16本に及び「バットマンの父」として通じる。

14日に開かれた記者懇談会でウスラン氏は「20代に『バットマン』の版権を買った時には、誰も漫画本の英雄を真剣に暗く描けると信じていなかった。映画化するのに10年かかり、そうして精魂を込めて出した『バットマン』は業界の地図を変えた。3人の天才、ティム・バートン、アントン・ファースト(ゴッサムシティをデザインしたプロダクションデザイナー)、クリストファー・ノーランに出会いながら漫画にも深みのあるテーマと談論を提示できることを証明した」と話した。

幼少期からDC・マーブルコミックスの大ファンだったウスラン氏は3万冊を超える漫画本を収集し、大学では漫画本をテーマに講義もした。彼がさまざまな英雄の中でバットマンにはまった理由は「超能力がない、私たちと似たような人間だから」だった。

彼は「『ダークナイトライジング』(2012)ではバットマンはある象徴になった。悪党と戦うために献身する準備ができていれば全世界で誰でもマントをまとって戦えて、これが全世界のファンたちに希望のメッセージを伝えたようだ」と成功要因を分析した。

彼はDCコミックスの英雄を1つにまとめる次期プロジェクト『バットマンvsスーパーマン』について「DCコミックスの英雄はマーベルコミックスの『アベンジャーズ』軍団とは違い作家と編集者が違っていて、世界観がそれぞれなので1つにまとめるのに時間がかかった。『バットマンvsスーパーマン』は、彼らがどのように縛られて葛藤して友情を育むのか説明する中間過程であり、単純な娯楽用ポップコーンムービーではないと断言する」と説明した。

現在ウスランは次世代キャラクターを探すためにアジア諸国と協業を摸索中だ。彼は「米国はスーパーヒーロー飽和状態」として「次世代ストーリーはアジアから出るだろう。韓国の漫画、ドラマ、K-POPなどに答がある。韓国の製作者らと手を組んでグローバルフランチャイズを作りたい」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기