본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

生存者もう51人に…最年少の元慰安婦女性が死去

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

キム・ウェハンさん

日本軍の慰安婦被害者のうち最年少だったキム・ウェハンさんが11日、老衰のため亡くなった。81歳。キムさんの死去により韓国政府に登録された慰安婦被害者238人のうち生存者は51人に減った。

慶尚北道安東(キョンサンブクド・アンドン)出身のキムさんは1945年2月、強制的に日本の北海道に連れていかれた。当時の年齢は満11歳。初潮も始まる前だったが慰安所で日本軍から繰り返し性行為を強要された。

キムさんは翌年故郷に戻ることができた。だが心には深い傷が残った。キムさんは「幼い頃の友だちがみな連れていかれて亡くなりて、私1人だけが生きて戻った」として「11歳の子供を連れていって無慈悲に凌辱したあいつら(日本軍)は人でもない」と話していたという。日帝強制徴用にあった夫と結婚後、4男1女に恵まれた。

キムさんは結婚後ずっと安東で夫と共に暮らしてきて2012年、京畿道広州(キョンギド・クァンジュ)のナヌムの家に入所した。ナヌムの家側は「おばあさんが当時、膝の手術を受けた後まともに歩けない状態だった」と説明した。キムさんはここでしばらく療養し健康を回復して再び故郷に戻ったが、状態が悪化して昨年7月再入所した。

ナヌムの家側は「キムさんは入所中いつも『夫に会いたい』と話していた」と伝えた。キムさんの夫もやはり安東から月に1回ほど、おばあさんに会いに来ていたという。

ナヌムの家によればキムさんは生前「日本政府が必ず慰安婦被害者に公式謝罪と法的賠償をしなければならない」と話してきた。また「たくさん助けてくれた韓国社会に申し訳ない気持ち」と口癖のように話していたという。キムさんはネパール地震が起きると先月12日にほかの慰安婦被害女性9人と共に500万ウォンの寄付を集めて渡していた。政府の生計給与を地道に貯めたお金だった。

キムさんは今年に入って亡くなった4人目の慰安婦被害者だ。1月にファン・ソンスンさん(89)、5月にイ・ヒョスンさん(91)らが老衰で亡くなった。キムさんの葬儀室は安東医療院に準備され、出棺は13日だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기