본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「MERSに対する韓国政府の対応、セウォル号初日と同じ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新政治民主連合は3日、中東呼吸器症候群(MERS)に関連した政府の対応を「セウォル号を連想させる」と批判した。

新政治民主連合は同日午前、MERS問題に焦点を当てた緊急最高委員会議を議員ワークショップ施設のある京畿道楊坪(キョンギド・ヤンピョン)のカナアン農軍学校で開いた。予定にはなかった会議だった。

文在寅(ムン・ジェイン)代表はMERS拡散を「政府の安易な認識と無能な対応が招いた結果」と厳しく批判した。また「国民が感じる不安と恐怖、政府に対する不信が極限に達した」と主張した。文代表は「これ以上、オロオロしている時間はない。国家資源を総動員して最悪の状況を防がなければならない」とし「朴槿恵(パク・クネ)大統領が率先して青瓦台(チョンワデ、大統領府)がコントロールタワーの役割を果たせ」と述べた。その後、▼広域別の緊急医療体系の構築▼MERS発生地域と医療機関の情報公開--などを要求した。

会議では「国民はセウォル号惨事の初日を見るようだとなげいている。政府の統制を抜けた厳しい危機状況だ」〔李鍾杰(イ・ジョンゴル)院内代表〕、「国民はMERSに対する恐怖、政府の無能とずさん管理に対してショックを受けるという、二重の恐怖に苦しめられている。朴大統領はこの問題には関心がなく国会の立法権の侵害だと大げさにただ言うだけだ」〔田炳憲(チョン・ビョンホン)最高委員〕など政府に対する厳しい批判が飛んだ。

新政治民主連合は前日夜に国会保健福祉委員会所属議員が緊急で設けた「MERS対策タスクフォース(TF)」を「MERS対策特別委員会(特別委)」に拡大することにした。

特別委には、休校対策づくりのために教育文化体育委員会の委員を、出入国検疫システムの点検のために法制司法委員会所属の委員を合流させた。委員長は秋美愛(チュ・ミエ)最高委員が引き受けた。彼らは党ワークショップ施設を離れて国会に復帰した。

3日午後、最初の会議で秋氏は、同日、朴大統領が主管した官民合同緊急点検会議を「のろま対策会議」と批判した。保健福祉委員会所属の安哲秀(アン・チョルス)議員は会議に出て「政府の対策だけでは信頼を与えられないので公式的な官民協力体制が必要だ」とし「経済が専門担当の副首相と保健福祉部長官が報告を受けたからといって何が分かるのか」と述べた。


関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기