본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

AFC、“南泰煕暴行”エストヤノフに軽度の懲戒

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

顔に暴行を加えられ、苦しむ南泰煕(ナム・テヒ、24、レフウィヤ)。

アジアサッカー連盟(AFC)が韓国の南泰煕(ナム・テヒ、24、レフウィヤ)を暴行したアル・ナスル(サウジアラビア)のファビアン・エストヤノフ(32、ウルグアイ)に懲戒を下した。懸念していた通り、懲戒は軽度の処罰レベルだ。

AFCは20日(日本時間)に懲戒委員会を開き、今月7日にサウジアラビア・リヤドで開かれた「AFCアジアチャンピオンズリーグ2015」A組最終戦のレフウィヤ(カタール)とアル・ナスル(サウジアラビア)の最終戦で、南泰煕に無差別暴行を加えたエストヤノフに懲戒を下した。エストヤノフはこの日、試合後に上着を脱ぐと、ロッカールームに入ってきた南泰煕の顔を無差別に暴行し、これによって南泰煕は顔にアザができるなど大きなショックを受けたことが分かった。

エストヤノフの所属チームであるアル・ナスルは公式ウェブサイトを通じてエストヤノフの懲戒内容を発表した。しかし、AFCの懲戒レベルは決して高いものではない。アル・ナスルの発表によると、エストヤノフはAFCチャンピオンズリーグ6試合の出場停止および1万ドルの罰金を支払わなければならない。今年2月初めに22歳以下(U-22)代表チームのシム・サンミン(22、FCソウル)がタイ・キングスカップ第1戦ウズベキスタンとの試合の際に、相手DFシャムシディノフに顔を殴られたが、この時AFCがウズベキスタンサッカー協会に対して1年間の試合出場停止という重い懲戒を通告した件とは比較される。それだけでなく、ウズベキスタンサッカー協会は「スポーツマンシップに外れる行動で、ウズベキスタンは国際社会から非常に大きな非難を受けた」とし、暴力事件に対する責任を問う形でマクスードフ監督とも契約を解約した。

すでにアル・ナスルはクラブ次元での懲戒としてエストヤノフに50%減給の懲戒を下した。だが、エストヤノフの暴行水準に照らしあわせてみると決して重い懲戒だとはいえない。加えて、大会を主管するAFCの懲戒も軽い処罰で終わってしまった。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기