본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本の「旅行収支」、半世紀ぶりに黒字転換

ⓒ 中央日報日本語版
昨年、日本が55年ぶりに初めて「旅行収支」で黒字を記録した。

13日、日本経済新聞は財務省の統計を引用し、2014年度の「旅行収支」黒字額は2099億円と大きな額ではないものの、半世紀以上続いていた赤字が黒字で転換した意味は大きいと伝えた。

報道によると、訪日外国人の支出額は2兆2344億円で前年比41%増加した。訪日外国人数は33%増の1467万人だった。

半面、日本人の海外支出は2兆245億円で4%減少した。円安によって日本人の海外旅行者数も3.5%減少した1667万人を記録した。

日本は過去に単月で旅行収支が黒字を記録することがあった。大阪で万国博覧会が開かれた1970年7月など数回あった。だが、年度ベースの黒字は1959年以降初めてとなる。高度成長期やバブル崩壊などでも旅行収支は赤字が当たり前だったと同メディアは伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기