본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓日、米国での輸出競合「熾烈」…自動車・部品競争が深刻化

ⓒ 中央日報日本語版
米国市場で韓国と日本の競合がますます激しくなることが明らかになった。

6日、韓国貿易協会の国際貿易研究院が発表した「米国輸入市場での韓日と韓中の輸出競合比較」報告書によれば、米国市場での韓日の輸出競合度は2010年の0.438から着実に上昇して昨年は0.517に高まった。「輸出競合度」は輸出商品の類似性を計量化することによって特定市場での競争程度を示す指標で、1に近いほど競争が深刻化していることを意味する。

特に自動車・部品競争が最も激しかった。自動車・部品競合度は2010年の0.702から昨年は0.782へと0.08ポイントも跳ね上がり、競争品目の中で最高値を記録した。

同期間の半導体(0.499→0.561)と機械類(0.440→0.548)の競合度も高まった。また電気・電子製品(0.519)の競争も激しかった。ギアボックスや産業用ロボット、半導体デバイスなどは日本の市場占有率が上昇した一方、韓国の占有率は下落した。

国際貿易研究院の関係者は「円安で日本製品の価格競争力が高まり、中国は品質競争力を高めて激しく追撃している」として「核心技術の強化とブランドイメージ構築、自由貿易協定(FTA)の活用などで輸出競争力を強化しなければならない」と伝えた。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기