본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

訪韓中国人観光客、宿泊よりショッピング支出が圧倒的

ⓒ 中央日報日本語版
信用評価機関の韓国企業評価が22日に出した「急増する遊客(中国人観光客)とホテル業界の構造的変化」と題する報告書によると、昨年10月末までの累積基準で外来入国者数は前年同期比16%増の1200万人となった。

ウォン高基調でも外来入国者数は2012年に初めて1000万人を超え、成長を継続している。訪韓観光客の中で日本や中国などアジア地域からの入国者が全体の80%を占めた。 

2013年以降日本人観光客は円安や外交関係の悪化などにより減ったが、中国人観光客は増加傾向を示した。2013年の中国人観光客は前年比52.5%増え、2014年も39.0%増加した。

韓国観光公社の2013年の調査によると、外来観光客の旅行経費のうち宿泊費が占める割合は平均25%水準だが、中国人観光客の宿泊費の割合は15%にとどまった。これに対し中国人観光客の1人当たりショッピング支出額は他国の観光客を圧倒した。

1人当たりショッピング支出規模を見ると、500ドル以上の割合が中国は63.6%で、香港の44.1%、シンガポールの42.7%、台湾の40.8%、タイの40.5%などを上回った。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기