본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

朴大統領支持率20%台に急落…「何をしても構わないという慢心があだに」(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版
いわば「朴槿恵支持率急落ミステリー」だ。セウォル号事故の時も落ちなかった支持率がなぜ新年に入り30%台まで割り込んだのか。

韓国ギャラップは先月30日、「朴大統領の国政遂行への肯定評価は29%」と発表した。朴槿恵政権発足後毎週支持率を調査してきたギャラップの調査では最低値だ。これに先立ちリアルメーターは先月27日、朴大統領の支持率を29.7%と集計した。国政運営のマジノ線である支持率30%が崩壊したわけだ。「支持であれ反対であれ大統領支持率30%は国の不幸」(キム・ビョンジュン国民大学教授)だ。

下落速度も急だ。1月第1週に40%だった肯定評価はその後35%→30%→29%と落ちた。3週間で11ポイント下がった。これに対し否定評価は51%→55%→60%→63%と上昇した。肯定評価の2倍以上だ。

過去の政権と比べても最悪だ。文民政府以降執権3年目第1四半期の支持率は金泳三(キム・ヨンサム)が37%、金大中(キム・デジュン)が49%、盧武鉉(ノ・ムヒョン)が33%、李明博(イ・ミョンバク)が44%(韓国ギャラップ調べ)だった。「どれだけ悪くなっても朴大統領のコンクリートのような支持率は40%を割り込まない」という言葉は見る影もない。

原因には青瓦台文書流出、“不通”姿勢の新年記者会見、年末調整をめぐる混乱などが挙げられる。だが、セウォル号沈没事故の際も50%前後を維持していた支持率がこうした理由だけで力なく急落したということは十分な説明にはなりにくい。明智(ミョンジ)大学のキム・ヒョンジュン教授は、「過去の事例から原因を求めるのは難しいほど朴大統領支持率の下落は複合的で構造的」と分析した。

過去の政権と比較すると、「支持率暴落の4要素」がない。まず狂牛病問題のような超大型の悪材料がない。2008年に米国産牛肉輸入問題で当時の李明博大統領の支持率は執権1年目で20%台にすぎなかった。(中央SUNDAY第412号)



朴大統領支持率20%台に急落…「何をしても構わないという慢心があだに」(2)

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기