본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<アジアカップ>どうにか勝つ、韓国監督の“実用サッカー”(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

シュティーリケ監督

フース・ヒディンク(69、オランダ)に続いて韓国サッカーがまた外国人監督に歓呼している。ドイツ出身のシュティーリケ監督(61)は人間味のある実用サッカーで、豪州アジアカップで「シュティーリケ・シンドローム」を起こしている。

シュティーリケ監督の序盤は印象的だ。就任から5カ月で韓国サッカーをアジアカップ決勝に進出させた。スタイルも明確だ。華麗に大量得点するサッカーではなく、よくない状況でもどうにかして勝つ実用的なサッカーを見せ、ファンの関心を集めている。アジアカップで無失点5連勝の韓国は31日、豪シドニーで行われる決勝戦で55年ぶりの優勝を狙う。シュティーリケ監督のサッカーをファンは「沼サッカー」と呼んでいる。「マッドタカ(泥+ティキタカ)に続き、最近は朝鮮末期の実学者・丁若鏞(チョン・ヤクヨン)の号を付けて「茶山シュティーリケ」というニックネームも登場した。

シュティーリケ監督は昨年9月、李用秀(イ・ヨンス)サッカー協会技術委員長(56)と英ロンドンで会い、韓国代表監督を受諾した。他の監督候補がほとんど自国に滞在しながら代表チーム招集期間だけ韓国に来るという意思を表したのに対し、シュティーリケ監督はチームを優先した。シュティーリケ監督は「妻と一緒に韓国に行く。私の指導者人生の最後の情熱を燃やす」と語った。李委員長は「自分のサッカー人生を説明し、明確な哲学と所信、確固たる未来を提示する姿に深い感銘を受けた」と話した。

◆「最も重要なのは勝つこと」=シュティーリケ監督は昨年9月の就任記者会見で、「理想的なサッカースタイル」に関する質問を受け、「勝つサッカー」を最初に挙げた。「競技が終わると、ファンはボールポゼッションやパス成功率を重視する。私の考えは違う。最も重要なのは勝つこと」と語った。続いて「ある時はティキタカ(スペイン式のショートパスサッカー)が勝利し、ある時は空中ボールサッカーが勝つ。結局、重要なのはチームの知能」と説明した。特定の型にはまらず、相手にうまく対応し、結果的に勝つ試合をするという意味だ。

シュティーリケ監督は就任直後から実用的な思考へとチームを変化させた。昨年10月の初戦だったパラグアイ戦からそうだ。李委員長は「デビュー戦でベストメンバーの代わりに選手の出場時間と最近のAマッチ参加回数などを細かくチェックし、疲労が少ない選手を中心にラインナップを組んだ。この試合ではこれまで注目されていなかった南泰煕(ナム・テヒ、24、レフウィヤ)、金民友(キム・ミンウ、25、サガン鳥栖)がゴールを決め、2-0で勝った。短い時間だったが、合理的に自分の決定を貫徹させようという姿が印象的だった」と述べた。



<アジアカップ>どうにか勝つ、韓国監督の“実用サッカー”(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기