본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

女優チョン・ジヒョン、12月の広告好感度1位…2位はキム・ヨナ

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

左からチョン・ジヒョン、キム・ヨナ、スジ

女優チョン・ジヒョンが広告モデル好感度でトップとなった。韓国広告総合研究所が発表した12月の広告モデル好感度ランキングで、チョン・ジヒョン(好感度10.76%)は先月に続いて1位を守った。

2位と3位は2014年の1年間トップ3を守ったキム・ヨナ、スジだった。キム・ヨナはチョン・ジヒョンとわずか0.02ポイント差で惜しくも2位となり、スジは5.30%で3位だった。

4位以降は男性俳優が多い。4位は映画と広告で活躍しているキム・ウビン(5.27%)、5位は1年間ほど活動を休んでいるが広告界では依然として“ホット”なキム・スヒョン(4.43%)だった。

映画『今日の恋愛』と芸能番組で活躍したイ・スンギ(3.79%)、4年ぶりにドラマ『ハイドジキル、私』で復帰するヒョンビン(3.29%)、中国で活発に活動中のキム・テヒ(2.85%)、“国民MC”ユ・ジェソク(2.83%)が後に続いた。ドラマ『ピノキオ』に出演したパク・シネがトップ10に入り、新たなダークホースに浮上した。

特にチョン・ジヒョンは昨年7回も広告好感度1位となった。キム・ヨナは5回だった。スジは2人のトップ争いの中で3位を守り続けた。

ある広告エージェントは「昨年の広告界はチョン・ジヒョンを除いて語れないほどその影響力が大きかった」とし「トップ3のチョン・ジヒョン、キム・ヨナ、スジは昨年、大きな活動はなかった。今年からはまた大衆の前で、広告ではなく他の作品で好感度を高めなければいけない」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기