본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

サムスン李健熙会長が病床で誕生日…呼びかけに視覚反応

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長

サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長が9日に病床で74回目の誕生日を迎える。毎年李会長の誕生日を兼ねてソウルの新羅ホテルで社長団の夫妻とともに夕食会を行っていたサムスンは、今回は別途の行事を行わないことにした。

サムスン関係者は6日、「李在鎔(イ・ジェヨン)副会長ら家族が病室を訪れささやかに時間を過ごすものとみられる」と明らかにした。李会長は昨年5月に急性心筋梗塞で倒れてサムスンソウル病院に入院し、7カ月にわたりリハビリ治療を受けている。サムスン関係者は、「『会長』と呼ぶと李会長の視覚反応があり、認知機能が回復しているのか神経を尖らせている」と話した。彼は「自発呼吸をはじめと身体的に健康には異常がない状態」と付け加えた。

サムスンによると李会長は1日15~19時間を目覚めた状態で過ごしている。病室には崔志成(チェ・ジソン)サムスン未来戦略室長が朝夕に訪問し李会長の健康状態を確認している。財界関係者は、「毎朝医療スタッフが『会長、朝です。起きてください』という言葉とともに李会長を起こすことから始まり、車いすでの散策と規則的なリハビリ治療を進めている」と伝えた。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기