본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<アジア大会>テニス男子ダブルス、韓国が28年ぶり金メダル(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国テニスが仁川アジア競技大会で復活の翼を広げた。2006ドーハアジア競技大会後に途切れた金脈を取り戻した。

男子ダブルスのイム・ヨンギュ(23、唐津市庁)-チョン・ヒョン(18、サムイル工業高校)組は29日、仁川ヨルウムルテニス競技場で行われた決勝で、インドのサケス・ミネニ(27)-サナム・シン(26)組を2-0(7-5、7-6<7-2>)で退けた。1986年ソウルアジア競技大会のキム・ボンス-ユ・ジンソン組以来、28年ぶりに獲得した男子ダブルスの金メダル。テニス種目では2006ドーハアジア競技大会男子団体戦以来8年ぶりだ。

韓国は98年バンコク大会から2006年ドーハ大会までイ・ヒョンテク(38)が3大会連続で金メダルを獲得した。しかしイ・ヒョンテクが引退した4年前の広州大会では金メダルを逃した。韓国テニスはホームコートで行われた今大会で復活を狙っていたが、男女シングルス、混合ダブルス、女子ダブルスなどで次々と脱落し、沈うつな雰囲気だった。しかしチョン・ヒョン-イム・ヨンギュが出場した男子ダブルスで旋風を起こした。

天気のため選手はコンディションの調整に苦労した。雨のため競技開始が3時間30分も遅れた。チョン・ヒョンとイム・ヨンギュは第1セットを接戦の末、7-5で獲得した後、第2セットでも各チームがサービスゲームを奪い、互角に戦った。ゲームスコア5-5の同点でまた雨が降り、競技が1時間遅れた。

結局、ゲームスコア6-6のタイブレークまでもつれる接戦が続いた。タイブレークからでチョン・ヒョンとイム・ヨンギュは相次いで強いスマッシュを決め、6-2とした後、相手のミスで勝負を決めた。

チョン・ヒョンとイム・ヨンギュは相性が良い。昨年10月に初めてダブルスのパートナーになると、サムスン証券杯チャレンジャー大会で4強入りした。今年は代表チームに抜擢され、さらに成長した。経験が少ないチョン・ヒョンはネットプレーとボレーで不足する部分があった。周囲の人はチョン・ヒョン-イム・ヨンギュのペアに疑問を提起したりもしたが、2011年と2013年の夏季ユニバーシアードで2冠王(男子シングルス・団体戦)となったイム・ヨンギュは貫ろくでチョン・ヒョンの弱点を補完した。

チョン・ヒョンも日進月歩した。昨年ウィンブルドンジュニアで準優勝し、今年8月の男子プロテニス(ATP)チャレンジャー大会では国内選手最年少(18歳3カ月)で優勝した。現在、国内男子ランキング1位(世界ランキング188位)だ。

<アジア大会>テニス男子ダブルス、韓国が28年ぶり金メダル(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기