본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国開発研究院、今年の成長見通し0.2ポイント引き下げ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
内需不振にセウォル号沈没事故の余波まで重なり韓国経済に暗雲が立ちこめている。韓国開発研究院(KDI)は27日、こうした要旨の「2014経済見通し」を発表し、「今後も景気対応的基調を維持する一方、経済全般の先制的構造調整に政策的努力を持続しなければならない」と促した。

これによると、輸出増加傾向は予想とは異なり拡大し、今年の経常収支黒字は昨年と同水準の780億ドルに達する見通しだ。KDIのキム・ソンテ研究委員は、「国際収支基準の改編により数字上100億ドルほど増え、内需回復の遅れで輸入が予想よりさらに減り経常黒字が増加している」と分析した。

それでも成長見通しは事実上下方修正した。数値は既存の3.7%を維持したが、今年から適用される新しい算出基準に合わせて換算すると昨年末に出した見通しは3.9%に相当する。結局見通しが0.2ポイント引き下げられたことになる。

成長率は先が暗い内需不振により下がると分析された。個人負債と経営悪化企業の構造調整が遅れており、金融市場外部からの衝撃が発生する場合、成長はさらに鈍化する可能性まである。韓国銀行が27日に発表した5月の消費者心理指数(CSI)もやはり105を記録して8カ月来の低い水準に落ち込んだ。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기