본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

親ロシア派のデモが再発するウクライナ東部

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ウクライナ・ドネツクの位置

ウクライナ東部の都市ドネツクの親ロシア派住民が7日に独立を宣言した。追放されたヤヌコビッチ前大統領の故郷であるドネツクでデモを行った住民たちは、州政府庁舎と国家保安局の建物を占拠してロシアの国旗を掲げた。州政府庁舎占拠後に開かれた集会でデモ隊は「主権を持つ“ドネツク人民共和国”を設立しよう」と主張したと英BBCが伝えた。ロシアのリアノーボスチ通信は、「デモ隊は独自に会議を開きドネツク共和国主権宣言書を採択した」と報道した。ドネツクのほかにも大都市のハリコフとルガンスクなどでも親ロシアデモが続いた。デモ隊はクリミア半島と同じ分離独立住民投票も要求した。トゥルチノフ大統領代行はリトアニア訪問を取り消し緊急安保会議を招集した。

ドネツクの親ロシアデモ隊は2000人余りに達した。このうち1000人余りが州庁舎内に押し入った。デモ隊は「ドネツク地域がロシア連邦に編入されることに同意するか」という内容の住民投票文案を州政府関係者らに渡した。

ハリコフではデモ隊が州庁舎進入を試み、警察は庁舎をそのまま明け渡した。ルガンスクでは1000人余りが親ロシア政治団体指導者のアレクサンドル・ハリトノフの釈放を要求した。ハリトノフはデモを先導し、先月中旬に憲政秩序破壊容疑で逮捕された。

ウクライナ暫定政府のアバコフ内相は「ロシアのプーチン大統領とウクライナのヤヌコビッチ前大統領がデモをあおっている」と話した。




関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기