본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

出口見失った“ゲーム王国”任天堂

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
“ゲーム王国”任天堂の墜落が尋常でない。20日の日経指数で任天堂は前取引日より6.2%急落の1万3745円で取り引きを終えた。取引開始直後に18.5%まで暴落し、その後午後に入り下げ幅を大きく減らした。任天堂の主要納品業者であるホシデンの株価もやはり6.4%下落した。

任天堂の株価が急落した理由は業績悪化のためだ。任天堂は18日、「2013年度の売り上げは当初予想の9200億円の半分水準の5900億円、営業損失規模も350億円程度と推定する」と明らかにした。2011年から3年連続での営業損失で、当初の営業利益予想値550億円を大きく下回る数値だ。これに対し任天堂は「年末シーズンにハードウェア・ソフトウェアの販売が予想より振るわなかった」と説明した。任天堂の不振はスマートフォンの登場と深く関連している。

スマートフォンが急速に普及する直前の2010年まで任天堂は順調な道のりを歩んでいた。2004年と2006年に発売した携帯用ゲーム機「ニンテンドーDS」と家庭用ゲーム機「Wii」で2007年から2010年まで年間1兆円を超える売り上げを記録した。営業利益率も40%に達した。だが、2011年からスマートフォンやタブレットPCなどのモバイル機器の普及が進み業績が急落した。消費者が無料アプリケーションとソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で簡単にゲームを楽しめるようになり、ゲーム機でゲームを楽しむ顧客が減ったためだ。結局2011年に任天堂はゲーム機の販売不振と円高により初の年間赤字を記録し、現在まで業績不振が続いている。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기