본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<フィギュア>韓国語での挨拶が議論に、安藤美姫めぐり韓日の正反対の反応

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

安藤美姫。

キム・ヨナとともにゴールデンスピン・オブ・ザグレブに出場した日本の安藤美姫が韓国と日本のフィギュアファンの間で熱い関心を集めている。もちろん韓国と日本のファンの反応は極と極だ。

安藤は8日にクロアチアのザグレブで開かれたゴールデンスピン・オブ・ザグレブ授賞式で、韓国語で「ありがとうございます」と話した。ショートとフリー合わせて176.82点を記録した安藤は普段から韓国に対し強い関心を持っていることが知られている。過去には韓国を訪れソウル・明洞(ミョンドン)で観光する姿が日本のテレビ番組で放映されたりもした。

安藤は続けてソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じ、「ゴールドスピン大会後。ヨナ優勝おめでとう。あなたとともに競技をできて良かった。あなたの未来に幸運を」というメッセージとともにキム・ヨナとともに撮った写真を上げた。キム・ヨナに向けた心あふれる激励と国籍を超越した温かい気持ちが感じられた。

しかしこれに対する韓国と日本のファンの反応は明確に分かれた。韓国のファンは「安藤美姫も知ってみれば大物だ」「センスが最高だ」など肯定的な反応が主流だった。これに対し日本のファンの中でも極右ネットユーザーらは「自国民を無視した」「話にならない行動をした」とし激昂した反応を見せた。「自分の国(韓国)に帰れ」という非難的な反応もあった。

安藤は4月に娘を出産後、7月に現役復帰を宣言し話題を集めた。欧州でトレーニング中の安藤は21日から4日間にわたり開かれる日本選手権大会でソチ冬季五輪への出場権獲得に挑戦する。ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子シングルに3人の出場権を持つ日本は、グランプリシリーズ最優秀選手、日本選手権優勝者、日本スケート連盟推薦選手などを出場させる予定だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기