본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国LCC利用の韓日乗客、昨年から倍増

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国のLCC(格安航空会社)を利用した韓日往来の乗客が2倍近くに増加した。

2013年上半期を基準としてLCCに乗って韓国と日本を訪問した乗客は約110万人だ。これまでの航空会社を含む全体利用客 (以下、乗り換え旅客を含む留任旅客)約548万人の約20%に達し、2012年の約10.5%にあたる約59万4000人よりも2倍近く増加した数値だ。

韓日路線のLCC航空会社は、済州(チェジュ)航空をはじめとしてジンエアー・エアプサン・イースター航空・ティーウェイ航空など5カ国の航空会社と、日本のピーチアビエーション・スタープライヤー・エアアジアジャパンなど3航空会社を含む全8社の航空会社に達する。済州航空など韓国の航空会社が14.4%の比重を占め、日本のLCCは5.6%にとどまった。

済州航空側は「韓国のLCCが仁川(インチョン)・金浦(キンポ)・釜山(プサン)を基点に東京・大阪・名古屋・福岡など日本の4大都市はもちろん札幌・沖縄・長崎など地方都市を含む路線に積極的に拡大したのとは違い、日本のLCCは東京と大阪など大都市から仁川に入ってくるシンプルな路線運用をしたのに伴った結果と思われる」と明らかにした。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기