본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「韓国産業、新しい成長動力創出しなければ日中の間で何もできず」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

アン・ヒョンホ(56)貿易協会副会長。

「サムスンを除いて見れば、韓国産業の未来は絶望的だ。中国の高付加価値製品の組み立て能力は私たちを圧倒し始めたし、日本の部品・素材技術は追随するにはとても遠い。依然として“産業サンドイッチ”のままの境遇だ」。

アン・ヒョンホ(56)貿易協会副会長は「今後10年以内に新しい成長動力を創出できなければ、韓国産業は中国と日本に挟まれて何もできないみじめなことになりうる」と話した。彼は最近、本『韓中日経済三国志』(ナナム出版)を出した。

--どんな危機感なのか。

「中国発“東アジア産業地震”だ。私たち韓国は、強い情報技術(IT)・鉄鋼・船舶・化学などの高付加価値組み立て産業が巨大市場と研究開発(R&D)投資を前面に出す中国に押されて4~5年以内に沈没する可能性がある。中国は周辺国の産業も吸収する。サムスンも半導体工場を中国西安につくる。1990年代初めに釜山沙上(プサン・ササン)公団の靴製品クラスターが中国の急浮上で痕跡もなく消えたように、高付加価値産業でも第2、第3の“沙上公団事態”が発生する可能性がある」。

--一部の高付加価値分野で日本を先んじているのではないか。

「韓国は売り上げ1兆ウォン(約900億円)以上の企業が300余りなのに日本は2000を超える。世界3位中に入る“ヒドゥン・チャンピオン(Hidden Champion、隠れた優良企業)”が日本は1500社に達するが韓国は10社余りだ。日本の競争力はヒドゥン・チャンピオンがつくり出す部品・素材にある。サムスン錯視現象から早く抜け出さなければならない」。

--突破口はどこにあるのか。

「中堅・中小企業で新しい動力を探さなければならない。70年代のドイツのように人材と資金が有望中小企業に集まるように政府政策を実施しなければならない。これが経済民主化のスタートだ」。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기