본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「金正男、身辺の脅威のためマカオを離れて現在は…」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

金正男(キム・ジョンナム)。

北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男で、マカオに滞在していた金正男(キム・ジョンナム、41)が昨年12月末、平壌(ピョンヤン)を極秘裏に訪問し、父の遺体の前に現れたことが確認されたと、韓国政府当局者が25日明らかにした。金正男の一時帰国は、叔母の金敬姫(キム・ギョンヒ)労働党秘書(66)が、金正日の後継者で金正男の異母弟の金正恩(キム・ジョンウン、28)を説得したのが決定的な契機になったと、この当局者は伝えた。金正日の死去(昨年12月17日)直後、一部の海外メディアは金正男の平壌行きを報道したが、政府当局者がこれを公式確認したことはなかった。また、金正恩と関係がよくない金正男が平壌(ピョンヤン)入りできた理由も明らかでなかった。韓国政府当局者は、金敬姫が当時、金正恩に「息子が父の最期を見取るのは天倫」という論理で説得したと聞いている、と伝えた。金敬姫は当時、金正男に▽外部に露出しないよう極秘入国する▽葬儀(12月28日)には直接出席しない▽できるだけ早く平壌を離れる--など、いくつかの条件を付けて金正男の平壌行きを承認したと、この当局者は伝えた。金日成(キム・イルソン)主席が94年に死去した当時、後継者である金正日の異腹弟の金平一(キム・ピョンイル)ポーランド駐在大使(58)も平壌を訪問し、金日成の葬儀に出席した。政府当局者は「金敬姫の水面下調整が実現したのは、金氏世襲体制内部で金敬姫の影響力が金正日の死後それだけ強まったことを表している」と解釈した。

「金正男、身辺の脅威のためマカオを離れて뮌在は…」(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기