본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

元慰安婦女性のために集まった韓国の文化芸術家

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

アン・ヘリョン監督(51)。

元慰安婦女性の心の傷を癒すために、さまざまなジャンルの芸術家が集まった。写真、音楽、映画、演劇、ミュージカルなどジャンルは違うが、テーマは一つ、「慰安婦ハルモニ(おばあさん)」だ。10-14日にソウル竜山(ヨンサン)アートホールで開催される「話してください」行事には、日本軍慰安婦被害女性に照明を当てた写真と音楽、映画が登場する。

この行事を主導したのはアン・ヘリョン監督(51)。日本に暮らす唯一の慰安婦被害者ソン・シンドさんの10年間の法的闘争を描いた映画「オレの心は負けてない」(2009)を制作した。先月、中国新華社通信は日本政治家の「慰安婦否定」妄言を批判し、この映画に言及した。

同じテーマでそれぞれ異なるジャンルの芸術が1カ所に集まるのは異例だ。ク・ボンチャン氏、ホ・ヒョンジュ氏、イ・サンヨプ氏ら有名な国内写真家の作品、北朝鮮・フィリピン・中国などアジア慰安婦被害女性の写真が展示される。

アン監督は「文化芸術家が自発的に才能を寄付し、慰安婦問題を大衆的に知らせようという最初の文化芸術実践運動」とし「抗議の意味よりも平和のメッセージを伝えようという目的が大きい」と説明した。

20、30代の女性ボーカルの参加も注目される。「小規模アカシアバンド」の女性ボーカル、ソン・ウンジ(33)ら‘弘大’ボーカルは先月出した慰安婦女性テーマ音盤を記念する公演を行う計画だ。ソン・ウンジは「集団的な暴力と抑圧に傷ついた女性を慰労したい」と語った。

歌手イ・ヒョリ(33)、ホラン(33)、ソイ(32)も参加の意思を明らかにしたという。年末ごろには共同で制作した2枚目の音盤が発表される。海外活動ミュージシャンも参加の意思を明らかにした。ベトナム系米国人歌手Thao、ロンドンで活動中のチョ・ヘジン・ミュージカル監督らだ。チョ監督は去る6月、英国で慰安婦問題を扱ったミュージカルを公演した。来月は韓国で公演する。

アン監督は今回の行事を土台に、来年からは海外巡回芸術企画展を開く計画だ。アン監督は「2週間前、日本で私たちと一緒にしようとする日本の写真家にたくさん会った」とし「今年末、韓国語・日本語・英語版の慰安婦図録を制作し、加害国の日本や中国・フィリピン・台湾など慰安婦被害者がいる他国でも企画展を開く計画」と述べた。また「関東大地震虐殺を扱った写真家、フィリピンの慰安婦を撮影してきた市民運動家など、日本人も参加するだろう」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기