본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「韓国潜在成長率、金融危機後は3%台に下落」

ⓒ 中央日報日本語版
グローバル金融危機後、韓国の潜在成長率が3%台に落ちたという主張が出てきた。

現代(ヒョンデ)経済研究院は24日、報告書「潜在成長率の危機」で、「韓国の潜在成長率を推定した結果、1980年代以降、下落している」と明らかにした。

研究院が推測した韓国の潜在成長率は1989-97年は7.4%、98-07年は4.7%、08-12年は3.8%。研究院はこうした下落の原因に▽投資不振▽労働投入力の弱化▽輸出の付加価値波及効果下落▽内需部門の脆弱▽新成長産業出現の遅延--を取り上げた。

現代経済研究院のチュ・ウォン首席研究委員は「潜在成長率の急落を防ぐために資本と労働拡充、高付加化、内需発展、新成長産業の育成などの努力を続けていく必要がある」と主張した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기