본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本大地震に欧州財政危機の衝撃…証券会社の株価予測も外れる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
今年、証券会社の株価予測は外れることが多かった。金融情報会社エフエヌガイドなどによると、昨年末に主要証券会社が出した今年のKOSPI(韓国総合株価指数)予想指数は平均1840-2400だった。KOSPI指数が高ければ2700まで上がると発表した証券会社があるほど、株価上昇を予想する雰囲気が一般的だった。1800を下回る可能性に言及した会社はほとんどなかった。

しかし今年のKOSPI指数は1650-2220で動いた。証券会社の予想値と実際の上・下限範囲に180-190ポイントほどの差が生じた。有望業種の予想も外れた。昨年末は情報技術(IT)業種と金融・銀行株の値上がりを予想する証券会社が多かった。韓国企業の営業利益が大きく膨らみ、世界的にあふれる流動性の影響を受けるという予想だった。しかし今年、金融・銀行・電機電子業種はそれぞれ-25.6%、-30.4%、-3.4%の収益率となった。今年、最も大きく値上がりした自動車業種を推薦した証券会社は、未来アセット、IBK、ハナ大韓投資、韓国投資証券などに限られた。

証券会社の予想が外れたのは、今年は予想できなかった大型悪材料が相次いだからだ。1月にはアラブで反政府デモが広がり始め、3月には東日本大震災で全世界に‘放射能’恐怖が広がった。こうした中、ギリシャ・イタリア・スペインなど南欧国の財政危機が深刻になり、世界景気の低迷につながった。株式市場に決定打となったのは8月の米国国債の格下げだった。その後、KOSPIは1800を割り、何度も1700を挟んで上下した。当時、新韓金融投資、新栄(シンヨン)、ソロモン投資証券などは「株式市場が上昇するという誤った展望を出したことをお詫びする」という反省文を出したりもした。9月以降も米国のウォール街占拠デモ、原油価格高騰、北朝鮮の金正日総書記死去などの突発悪材料で株式市場は緊張が続いた。

実際、証券会社の指数予測はこれまで何度も外れている。証券会社は昨年のKOSPI指数を1400-1800で動くと予想していた。しかし2010年の株式市場は1550-2050で推移した。ある証券会社のアナリストは「輸出依存度が高い韓国はグローバル景気の影響を受けやすく、予測が非常に難しい」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기