본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<JTBC開局>韓国言論機関が苦難を乗り越えて復活

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

1980年11月30日に新軍部の強制言論統廃合でTBC東洋放送の旗が降ろされてから31年。31年前のその日、故ホン・ジンギTBC会長は「TBC永遠なれ」という内容の親筆惜別牌を制作して中央日報・TBC役職員に一つずつ手渡した。それは約束だった。いつか復活するというその約束がついに実現した。

2011年12月1日、総合編成チャンネル15のJTBCが新しく生まれ変わった。洪錫?(ホン・ソクヒョン)中央日報・JTBC代表取締役会長と洪斗杓(ホン・ドゥピョ)JTBC会長が新しい旗を力強く掲揚している。

1日午前11時、ソウル巡和洞(スンファドン)中央日報・JTBC社屋の前。洪錫炫(ホン・ソクヒョン)中央日報・JTBC代表取締役会長と洪斗杓(ホン・ドゥピョ)JTBC会長が掲揚台に立った。洪斗杓会長は1980年11月30日、新軍部によって強制統廃合された東洋放送(TBC)の最後の社長。TBCが告別放送したその日、洪斗杓社長は自分の両手でTBCの社旗を降ろした。社旗を降ろした「中央マスコミ」社屋とこの日用意された掲揚台との距離は100メートルにもならなかった。

洪斗杓会長は洪錫炫会長と一緒に新しい旗を上げ始めた。白地の旗には虹色のJTBCロゴが輝いていた。TBCが31年ぶりにJTBCとして復活した。洪斗杓会長が「復活TBC」を、洪錫炫会長が「誕生JTBC」を叫んだ。中央メディアネックワーク役職員の拍手と歓声が続いた。虹色の風船が空に広がった。

80年11月30日、TBCは告別放送をした。放送終了の夜12時前、「夜を忘れたあなたに」(ラジオ)の進行者ファン・インヨン・アナウンサーはずっと涙声だった。TBCが育てたスターのイ・ウナは「TBC告別放送」で、「まだあなたは私の恋人…」という曲を歌って涙を流した。TBCは1964年に設立された。17年間、名実ともに韓国最高の民営放送として、国民の目と耳、口の役割をした。

ボン・ドゥワン氏がアンカーの「ニュース展望台」、赤道・北極を行き来したドキュメンタリー、日々連続ドラマ(毎日放送)というジャンルを定着させたドラマ「アシ」、娯楽物の新しい地平を開いた「ショーショーショー」…。すべて各ジャンルを席巻したTBCの代表作だ。70年3月2日から71年1月9日まで放送された「アシ」は70%台と推測される驚異的な視聴率を記録した。

TBCは80年の新軍部登場後、ターゲットになった。第5共和国政府は新聞・放送の兼営を禁止し、放送の公共映像性を高めるという名分を掲げてTBCを強制的に廃止し、KBS(韓国放送公社)に吸収させた。2010年に真実和解委員会は「新軍部は放送公営化、放送・新聞の財閥運営禁止を名分にしていたが、実は長期執権のために新軍部に友好的な放送・新聞を育成しようというのが目的だった」という結論を出した。

言論統廃合を主導した全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領もJTBCに強制統廃合に対する遺憾の意を伝えた。側近のイ・ウォンホン元文化公報部長官を通してだ。こうした内容は1日、JTBCの開局特集ドキュメンタリー「TBC、JTBCとして復活する-言論統廃合の真実」で公開された。

JTBC・中央日報など中央メディアネットワークの役職員は、JTBCに対する視聴者・国民の期待に立派な「名品放送」「名品コンテンツ」で応えると誓った。社旗掲揚式を終えた後、洪斗杓会長は「JTBCはTBCの偉大な17年が復活することを意味する」と所感を語った。また「役職員のエネルギーを成長動力にTBCの栄光再現しよう。JTBCを先頭に立つ放送につくろう」と呼びかけた。洪錫炫会長は「社内外でJTBCに対する期待が大きい。全世界の人たちがJTBCコンテンツを一緒に楽しめるようにしよう」と述べた。

中央メディアネットワークの役職員はチュ・チョルファンJTBC編成本部長が歌詞を変えた「十五夜」を歌って踊った。「十五夜」は全国ほとんどの地域でチャンネル15でJTBCを楽しめるという意味だ。JTBCはIPTVと衛星放送はもちろん、全国相当数のケーブルテレビ事業者(SO)からチャンネル15が与えられた。総合編成チャンネル4事業者のうち地上波に最も近いチャンネルだ。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

1/2

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기