본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>韓国代表入りの名誉に変化?…揺れる“趙広来号”

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

趙広来(チョ・グァンレ)監督(右)。

サッカー国家代表の意味と地位に変化が表れている。サッカー国家代表としてプレーすることは神聖な義務であり、家門の栄光だった。国家代表という名誉のためには、けがの痛みも我慢して出場するなど、個人的な不利益には目をつぶった。

しかし今は違う。李東国(イ・ドングク)を代表チームのジョーカーとして起用したことをついて、チェ・ガンヒ全北現代(チョンブク・ヒョンデ)監督は12日、「選手を空気の抜けたタイヤにした」と直撃弾を飛ばした。李東国も「すべてのことを忘れて全北の優勝のためにまた走る」と代表に対する未練を捨てている。

孫弘敏(ソン・フンミン、ハンブルク)の父ソン・ウンジョンさんは「所属チームで主力に定着するまでは代表に呼ばないでほしい」と強く要請した。李東国と孫弘敏はアラブ首長国連邦(UAE)戦に後半35分、後半28分に交代で投入された。

趙広来(チョ・グァンレ)監督としては厄介な問題が同時に浮上する格好となった。この事件は、代表入りが個人の成長と発展に役立たなければ未練はないという雰囲気を反映している。

UAE戦を勝利で終え、2014ブラジルワールドカップ(W杯)アジア3次予選で組1位(2勝1分け)で巡航している趙広来チームは、予想外の問題を抱えることになった。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기