본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【噴水台】ポリアモリー



「ポリアモリー」(polyamory)とは独占しない多者間愛、非独占多者恋愛を意味する。2人以上を愛するがパートナーを欺かないという点で単純な「浮気」とは違う。

ポリアモリーは「モノガミー」(monogamy)、すなわち一夫一婦制・単婚の反意語だ。離婚や死別後の再婚は「シリアルモノガミー」(serialmonogamy)だ。

複婚・重婚は「ポリガミー」(polygamy)だ。両方、あるいは一方が複数の相手と結婚することである。一夫多妻(polygyny)、一妻多夫(polyandry)がここに属する。

1970年代、米国サンフランシスコのある宗教集団から発生したポリアモリーは90年代に入って新しい性の政治的・文化的スタイルとして注目された。ポリアモリーを主張する人々はポリガミーとの差別性を強調する。ポリガミーが宗教的や地域的な伝統によって規範化された結婚制度なら、ポリアモリーは文化的な構成物というのだ。集団婚形態を帯びるかパートナーの不倫を認めるなど既存規範から脱して自分たちだけの結婚行動を決める「開放結婚」という点が核心だ。

これらは一夫一婦制の代案としてポリアモリーの可能性に注目する。人類は一夫一婦制を異常化したが、これは人間の本性に合わないだけでなく、特に女性に抑圧的だとみる。最も平等に見えてもその裏で長い間、男性の不倫と女性の商品化を制度化してきたというのだ。ポリアモリーなら性的開放性がまず目立つが、これらは献身や親密さなど精神的なつながりも強調する。

2006年、国内初のポリアモリーを素材にして衝撃を投げかけたパク・ヒョンウクの小説『妻が結婚した』が映画にもなった。映画化の過程で原作の性の政治学的な波長が鈍くなりはしたが、2人の夫にこだわるソン・イェジンは、韓国映画史上、全く新しいキャラクターだ。貧しい昔の恋人と密かに同居する江南の主婦オム・ジョンファ(『結婚は狂気の沙汰』2001)、隣の家の高校生と浮気するムン・ソリ(『浮気な家族』2003)を継承するに十分である不埒(ふらち)な女だ。

いまテレビでは妻を交換してバーチャルな結婚を体験するなどの各種結婚、同居リアリティー番組が人気だ。この時代の話題そのものが「結婚、あるいは一夫一婦制を懐疑する」ではないかと考えるほどだけに、そもそも「結婚って何なのか」である。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기