본문 바로가기 메뉴 바로가기

北朝鮮メディア「韓国は米国に言うべきことを言う当事者になるべき」

[ⓒ 中央日報日本語版] 2019年03月22日 10時50分

  北朝鮮が22日、対外宣伝メディアを通じて、韓半島(朝鮮半島)の平和において韓国は米朝間の仲裁者でなく当事者の役割をすべきだと指摘した。

  北朝鮮の対外宣伝メディア「メアリ」は22日、「現在、南朝鮮当局は言葉では南北宣言の履行を叫びながらも、実際には米国の表情ばかり眺め、南北関係の根本的な改善に向けたいかなる実践的な措置も取っていない」と批判し、「米国に対して要求すべきことは要求し、言うべきことは言う当事者の役割をしなければいけない」と主張した。

  また対外宣伝サイト「わが民族同士」は論評で、韓国統一部が米朝関係を仲裁して制裁の枠の中で南北交流協力を推進すると述べたことに対して「優柔不断な態度」とし「南北宣言履行のためのわずかな誠意も意志も見られない」と指摘した。

  こうした北朝鮮メディアの批判は、韓国がもう少し積極的に韓半島平和のための役割をすべきだという要求と分析される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ