본문 바로가기 메뉴 바로가기

「文大統領の娘海外逃亡」日本の新聞報道で韓国内炎上

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2019年02月07日 19時25分

写真拡大 日本の夕刊フジが2日付け1面トップに「文在寅大統領娘海外逃亡」と報じた。夕刊フジの公式サイト「zakzak」のフェイスブックに掲載された写真。(写真=夕刊フジフェイスブック)
  強硬右派メディアである産経新聞の姉妹紙である「夕刊フジ」が2日付け1面トップに「文在寅(ムン・ジェイン)大統領娘海外逃亡」という見出しの記事を掲載して議論を呼んでいる。このような事実は7日、韓国のオンラインコミュニティなどを通して知らされた。

  「文大統領に逆風が吹き荒れている」という文章から始まる該当記事は「長女一家の海外移住をめぐる家族問題と最側近と知らされた金慶洙(キム・ギョンス)慶南道(キョンナムド)知事が実刑判決を下された」として文大統領が苦境に立たされたと伝えた。

  韓国に詳しいと明らかにしたある大学客員教授は夕刊フジに「文大統領の側近に実刑判決が下ったのは文大統領に大きな打撃になるだろう」とし、「文大統領娘の海外移住問題まで重なり、今後着実に支持率が落ちるのではないか」と報じた。

  夕刊フジは「『海外移住問題』とは、文大統領の娘であるダヘ氏家族が昨年7月、東南アジアに移住したのが知らされ、その背景と現地での警護費用などをめぐって多様な推測を呼び起こしていることを言う」と説明した。

  また、自由韓国党のクァク・サンド議員が先月29日、ダヘ氏の小学生息子の学籍変動に関する書類を提示して海外移住の理由を公開質疑したことに言及した。

  このような報道内容が韓国に知らされると、一部のネットユーザーは夕刊フジが使った「逃亡」という表現に不快感を示した。あるネットユーザーは「逃亡という表現は不適切」と指摘した。一方、一部では大統領直系家族であるダヘ氏の海外移住に対する説明を要求する声もある。

  ダヘ氏の海外移住問題がクァク議員の主張を通じて初めて知らされた当時、青瓦台(チョンワデ、大統領府)は「大統領子女の海外滞留に関連していかなる不法・違法はなかった」と明らかにした。青瓦台関係者はあるメディアを通じてダヘ氏家族は夫の職場問題で移住したと承知している」と話した。

  チョ・グク青瓦台民情首席は昨年12月31日、国会運営委員会に出席してクァク議員の関連質問に「いかなる民事・刑事上不法もないため、われわれが調査する事案でない」とし「大統領子女といっても私的な生活問題を公開するのは正しくない」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ