본문 바로가기 메뉴 바로가기

保坂祐二教授「韓国が譲歩しては絶対いけない…1000年後悔する」

[ⓒ 中央日報日本語版] 2018年12月12日 06時39分

写真拡大 保坂祐二教授
  韓国に帰化した日本出身の保坂祐二教授が、韓日関係改善のために日本がもっと受け入れるべき部分があると主張した。

  9日、韓国放送局BBSの教養番組『ニュースと人々』に出演した保坂教授は「韓日関係は非常に悪化する時があるが、再び良くなるということを繰り返してきた」とし「常に韓国では法的責任、つまり真の謝罪と賠償を要求しているが、日本はそれに対してただ道義的な責任である補償金程度で終えてきた」と述べた。

  保坂教授は「今後、韓日関係は良くなるべきだ」とし「そうであっても日本側の誤った主張を受け入れた状況で韓日関係が良くなることは望ましくない。真理に立脚しなければならない」付け加えた。

  続いて、最近の「和解・癒やし財団」解散や強制徴用賠償判決問題に関連して、「判決問題でも慰安婦問題でも、日本がもっと受け入れるべき部分がある。このような部分は韓国が譲歩しては絶対いけない」とし「変に譲歩してしまえば、むしろ100年、1000年を後悔することになる」と警告した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ